Brand - 取扱いブランド

01 About

写真:Clairefontaine

History 歴史

クレールフォンテーヌ社は150年以上の歴史を持つ、フランスを代表する総合紙製品メーカーです。
創業は1858 年、フランス北東部のエティバルで産声をあげました。
フランスを代表するミネラルウォーターの源泉地としても知られ、製紙に欠かせない豊富な水資源と国内有数の森林面積に恵まれたこの地方は、古くから製紙業の地として知られています。

1951 年、クレールフォンテーヌ社は自社の紙を用いたノートの製造に着手します。
このノートはほどなくしてフランスの学校風景にいつも登場する定番となり、 大人になっても家庭や職場、あらゆるシーンで愛用し続けられ、今では世代を超えて親しまれています。

02 Speciality

写真:べラム紙

Quality 品質

創業以来、クレールフォンテーヌはエティバルに本拠地を置き、ノートや封筒の素材となる「紙」そのものを製造しています。緑豊かなエティバルの地で、紙を研究し、製造し、加工する。製紙から紙製品に至るすべての工程を社内に備えた、ヨーロッパで唯一のメーカーです。

その製品はヨーロッパのみならず世界中に出荷され、たくさんの人々によっていろいろな言葉や文字や絵で彩られています。

インクに恋する紙

定番「メトリック」をはじめとするクレールフォンテーヌのノートの用紙は、ビロードのようにすべすべした「べラム紙」というものです。特長は、にじんだり、裏側に透けたりしにくいこと。真っ白なのに、まぶしくないこと。そして書いた内容を長くとどめておける紙自体のしなやかな強さ。その秘密は、パルプの長繊維と短繊維の絶妙なバランスでの配合にあります。

これが、原材料から製本までを一括して自社工場で生産するクレールフォンテーヌ社ならではのクオリティ。べラム紙のテーマは、「インクに恋する紙」。書くよろこびを支え、あふれるアイデアをそっと後押しする存在でありたいと考えています。

クレールフォンテーヌ ノートの変遷

1951年生産開始された定番ノートラインは、クレールフォンテーヌの誇る高品質なベラム紙を採用したブランドの顔。
ロゴの入った表紙が一貫したデザインで、カラフルなバリエーションが特徴です。

写真:クレールフォンテーヌ ノートの変遷

写真:エティバル工場の優れた排水処理施設に対して贈られた「水トロフィー賞」

Environment 環境保全

天然資源・エネルギー資源の大量消費を必要とするメーカーとしての社会的責任から、また、森林面積が国土の四分の一以上に及ぶフランスを代表するブランドとしての企業の使命として、クレールフォンテーヌ社はいち早く、環境への配慮に取り組んできました。

塩素漂白パルプを原料に用いないのはもちろん、さらに徹底してFAO(国連食料農業機関)による「持続可能な森林経営」基準に認証された森林のパルプを採用し、排水管理や自家発電についても、自社一括生産ならではの注意深いコントロールに努めています。

Education 教育支援

クレールフォンテーヌは、子どもたちの未来が常にノートの向こう側にあることを確信しています。

フランス国内での青少年教育の支援に加え、2004年には、ユニセフ(国際連合児童基金)への支援をスタートしました。一人でも多くの子どもたちが、未来への一歩を自分の力で踏み出せるように。

これはクレールフォンテーヌの変わらない願いです。

Sports スポーツ振興

クレールフォンテーヌ社は、スポーツマンシップに共鳴しています。

特に知られているのはヨットレースの分野で、1990年には「クレールフォンテーヌ杯」を創設。さまざまな部門のチャンピオンたちが一堂に会して腕を競うこの大会は、毎年世界のヨットファンたちを熱狂させています。

このほか、クレールフォンテーヌが共感をもってサポートする対象は幅広く、サッカーのプロチームから地域のスポーツ振興にまで及んでいます。

03 Pickup Items

ノートブックA5

ノートブックA5

ヴィヴィッドなカラーバリエーションが目を引くノートシリーズ。デコラティブな「NOTEBOOK」のタイポグラフィーのデザインに遊び心を加えました。

オンラインショップ 購入ページへ

ザップブック

ザップブック

ビビッドなカラーバリエーションの表紙がバッグの中でも映えるノートシリーズ。用紙は環境に優しい無漂白のリサイクルペーパーを使用しています。

オンラインショップ 購入ページへ

パピエデュモンド

パピエデュモンド

世界中のエキゾチックな紙がブロックパッドに集まりました。スクラップブッキングやクリエイティブなカード作りなど、さまざまなクラフト作品に使用できます。

オンラインショップ 購入ページへ

このページの先頭へ